クライファート氏がトゥエンテへ

リザーブチームの監督に就任
トゥエンテは、リザーブチームの監督にパトリック・クライファート氏が就任すると発表した。契約期間は2年間。

クライファート氏はクラブの公式サイト上で、「トゥエンテに行くことができ、とてもうれしい。私の指導歴にとって大きなステップだ」と話している。ヨープ・ムステルマン会長も、「国際経験豊かな元選手がコーチングスタッフに加わり、トゥエンテはさらに強くなるだろう」と喜びの言葉を述べている。

クライファート氏はオランダ代表では79試合に出場し、40ゴールを記録。アヤックスやバルセロナなどで活躍し、イタリアやイングランドでもプレーと、多くの経験を積んできた。引退後はAZ、NECでコーチを務めてきた。