オランダ代表デビューに歓喜のクルル

「夢が叶った」
4日にオランダ代表デビューを飾ったGKティム・クルルが、喜びのコメントを発した。ブラジル代表との国際親善試合に出場した同選手は、無失点で90分を戦い終えている。

守護神マールテン・ステケレンブルフのケガにより出場することになった23歳のクルルは、ニューカッスルに所属。U-21代表経験はあるものの、A代表でのプレーは初めてだった。

オランダ『NOS』が、クルルのコメントを伝えている。

「夢が叶ったよ。こうやってデビューできるなんて、本当に素晴らしいことだ。すごく幸せなことだね。ブラジル戦を無失点で終えられるなんてすごいことだよ」

ベルト・ファン・マルヴァイク監督の下で代表デビューを飾るのは、クルルで23人目とのことだという。