ニュース ライブスコア

長谷部:「もっと試合を早く決めなければいけなかった」

日本代表は16日、アジアカップの第2戦でイラクに1-0と勝利した。危なげない試合だったが、主将のMF長谷部誠はもっと早めに勝利を決めなければいけなかったと反省した。

試合は日本がペースを握り続け、23分にPKで先制。長谷部も、そこまでは良かったと話す。

「先制点までは非常に良いリズムでやれたし、その後少しペースは落ちたけれどチャンスはつくれていた。2点目、3点目が取れなかったということで、最後まで苦しい試合というか、なかなか試合を決められなかった」

後半の選手交代は、4-2-3-1へのフォーメーションの変更ではなく、攻撃にも関与が多い相手の中盤への対処だったという。そうした守備の面では「あまり危ない部分はなかった」というだけに、攻撃面が課題だという。

ただし、ハビエル・アギーレ監督も話したように、クロスが多少改善されるなど、変化はみられている。長谷部も「最後のボールなどは前回よりは良かったかなと思う。トレーニングしている成果というのは着実に出ていると思うのでそこは上げていきたいし、シュートの精度は上げていかなければいけない」と、次のステップを見据えた。