Jリーグアジアチャレンジの発表会見が開催、原副理事長「タイと日本にとって成長の機会となれば」

2017Jリーグアジアチャレンジで鹿島アントラーズと横浜F・マリノスがタイリーグの2クラブと対戦。原博実副理事長は「Jリーグの2チームも大会を楽しみにしている」とコメントした。

17日、タイのバンコクで2017Jリーグアジアチャレンジの発表会見が開催された。

会見には在タイ日本国大使館、福島秀夫次席公使、Jリーグから原博実副理事長、タイサッカー協会ソムヨット会長、出場するバンコク・ユナイテッドのCEOカチョーン氏、スパンブリーFCのCEOシラパアーチャー氏、タイで中継をするメディアパートナーのTrue社のビラトン氏らが出席し、40社を超えるメディアが会場に駆けつけている。

出場クラブは鹿島アントラーズ、横浜F・マリノス、バンコク・ユナイテッド、スパンブリーFCの4チームで、大会方式はJリーグとタイリーグの対抗戦。Jクラブ同士、タイクラブ同士は対戦せず、全4試合が行われる予定だ。

記者会見でタイサッカー協会のソムヨット会長は「本日このような2017Jリーグアジアチャレンジの開催概要発表会見ができとても光栄です。日本とタイは古くからとても重要な国として関係を築いており、タイは日本から沢山の支援を受けており、感謝しています。そしてタイと日本修好130周年の年に、このような大会が開催できることを喜ばしく思っています。日本はアジアのトップレベルであり、タイからも注目を集めています。将来的にはタイも日本に追いつくような成長をしていければと思っています」とコメント。

Jリーグの副理事長を務める原博実氏も以下のように語り、タイのクラブと友好を深める機会を喜んだ。

「日本とタイの修好130周年の記念となる年に、このように日本のクラブとタイのクラブが友好を深める機会が出来てとても嬉しく思っております。私自身、日本代表に選ばれて1978年に初めて試合で遠征に来たのがタイだったので、とても思い入れがある国です。当時から、タイの選手は非常に上手かったのを覚えております。今年はタイ代表とワールドカップの最終予選でも対戦していますし、タイ代表のチャナティップ選手が北海道コンサドーレ札幌に加入が決まるなど、今まで以上にタイと日本の関係が深くなっていくと思っています。彼の代表やクラブでのプレーを見るとJリーグでも活躍をしてくれることは間違いないと思っています」

「今回出場する鹿島アントラーズも横浜F・マリノスもこの大会をとても楽しみにしております。そしてこの大会が、お互いのリーグにとって交流が深まり、良き成長の機会となればと思います」

大会は1月24日(火)と26日(木)にバンコクで開催される。