オーストラリア代表ケイヒル、NYレッドブルズと契約解消でフリーに

オーストラリア代表FWティム・ケイヒル(35)が、ニューヨーク・レッドブルズを退団した。2日、クラブの公式サイトで、双方の合意による契約解除が発表されている。

アジアカップで見事なオーバーヘッドを決めるなどして注目を集めたケイヒルは、「レッドブルズでのすべての時間を楽しんだ。素晴らしい思い出とともにここを去る」とコメント。今後については明らかにしていない。

ケイヒルはミルウォールでキャリアをスタートさせた後、2004年から12年までエヴァートンで活躍。その後、アメリカでプレーを続けていた。

アジアカップのタイトルを手にしたオーストラリアのエースは、どこへ向かっているのだろうか。