元ドイツ代表DF、インドのムンバイに加入

「以前からアジアでのプレーを希望」
元ドイツ代表のDFマヌエル・フリードリッヒが、1年契約でムンバイ・シティFCに加入することが明らかになった。インド・スーパーリーグ(ISL)所属の同クラブは22日、公式ツイッターを通じて同選手と1年契約をかわしたことを発表している。

ブンデスリーガ2部に所属していたマインツで2000年にプロデビューを果たし、その後にブレーメンやレヴァークーゼンに在籍したフリードリッヒ。昨夏にレヴァークーゼンとの契約が満了となった同選手は、11月にフリーでボルシア・ドルトムントに加入し、チャンピオンズリーグ準々決勝のレアル・マドリー戦(セカンドレグ)を含む15試合に出場していた。

レヴァークーゼン退団以前からアジアへの移籍志願が伝えらていれたフリードリッヒは、ムンバイへの移籍を次のように喜んでいる。

「アジアでサッカーをプレーすることを以前から希望していたので、ムンバイのチームに加わることに大きな喜びを感じている。インドの才能豊かな選手たちや外国人選手たちが、このリーグを非常にエキサイティングなコンペティションにすると思う」

10月から12月まで8チームで開催されるISL。今夏には元スペイン代表DFジョアン・カプデビラ、同FWルイス・ガルシア、元フランス代表MFロベール・ピレス、同FWダヴィド・トレゼゲ、元スウェーデン代表MFフレドリック・ユングベリら、大物ベテラン選手の加入が発表されている。