ビジャ、来季MLS開幕までオーストラリアでプレー

メルボルン・シティ加入が発表
オーストラリア・Aリーグのメルボルン・シティは5日、スペイン代表FWダビド・ビジャ(32)の加入を発表した。

ビジャは今月2日にアトレティコ・マドリーからニューヨーク・シティへ移籍することが発表されていた。新設チームであるニューヨーク・シティは2015年からメジャーリーグサッカー(MLS)に参入するため、ビジャはそれまでの期間をオーストラリアで過ごすことになる。

今年10月に開幕する2014-15シーズンのAリーグで、ビジャは12月までプレーするとのことだ。

メルボルン・シティは、旧名称メルボルン・ハートからの改称がこの日発表された。2013-14シーズンのAリーグはレギュラーシーズンを10チーム中最下位で終えている。

ニューヨーク・シティとメルボルン・シティはいずれもマンチェスター・シティのホールディング会社であるシティ・フットボール・クラブ(CFG)が株式を保有している。同グループは先月20日に横浜F・マリノスとの資本提携を伴うパートナーシップ締結も発表した。