小野伸二所属チームがAリーグレギュラーシーズン優勝

新規参入1年目での快挙
オーストラリア・Aリーグはレギュラーシーズン最終節の第27節が行われ、ニューカッスル・ジェッツを下したウェスタン・シドニー・ワンダラーズがレギュラーシーズン優勝にあたる「Aリーグ・プレミア」のタイトル獲得を決定した。

2位セントラルコースト・マリナーズに勝ち点3差で首位に立っていたウェスタン・シドニーは、29日に行われた試合に3-0で快勝。30日に行われるセントラルコーストの試合を待たずに首位でのフィニッシュが確定した。今季からAリーグに新規参入した同チームにとっては1年目でのタイトル獲得という快挙となった。

チーム2位の7得点を記録するなど快進撃に貢献してきたウェスタン・シドニーMF小野伸二は、足の付け根の負傷のためこの最終節を欠場した。

Aリーグでは、レギュラーシーズン終了に続いてプレーオフにあたるファイナルシリーズが開催される。ウェスタン・シドニーのトニー・ポポビッチ監督は小野に関して、プレーオフの初戦となる4月14日の準決勝までには復帰の望みがあるとの見通しを述べている。

「彼は準決勝には間に合うのではないかと望みを持っているところだ。検査の結果、それほどの問題は見つかっていない。その試合(準決勝)には出場できると楽観視している。彼は我々にとって非常に重要な選手で、クリエイティブな閃きをもたらしてくれる」

レギュラーシーズン優勝により、ウェスタン・シドニーは2014年のAFCチャンピオンズリーグ・グループステージの出場権も獲得している。