元日本代表MF戸田和幸がシンガポールへ

SAFFCに加入が決定
シンガポール・Sリーグのシンガポール・アームド・フォーシズ(SAFFC)は5日、元日本代表MF戸田和幸(34)の加入が決まったことを明らかにした。

日本代表として2002年日韓ワールドカップにも出場した戸田は、昨季J2の町田に所属していたが、ほとんど出場機会を得ることができないまま退団していた。

過去には日本国内で清水、東京V、広島、千葉、草津に在籍したほか、イングランドのトッテナム、オランダのデン・ハーグ、韓国の慶南FCでもプレー経験がある。

SAFFCは2006年から09年までの4連覇も含めSリーグで8度の優勝を果たしている強豪チーム。09、10年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、グループステージで鹿島、G大阪と対戦したこともある。2012年は13チーム中7位だった。

Sリーグには日本人選手のみで構成されるアルビレックス新潟シンガポールが参戦しており、その他のチームでも数人の日本人プレーヤーが外国人選手としてプレーしている。