グイサのマレーシア移籍が決定

ヘタフェの元スペイン代表FWがアジアへ
ヘタフェの元スペイン代表FWダニエル・グイサ(32)は6日、マレーシア・スーパーリーグのジョホールへ移籍することが決定した。レンタルでの移籍となる。

すでに現地入りしているグイサは報道陣に対して次のように語った。

「ここに来ることができて本当に嬉しい。僕にとって素晴らしい新たな経験になるだろう。正直に言えば、マレーシアのサッカーのことはあまり知らない。でもここに来る前にインターネットで試合のビデオを見て、マレーシアの人たちはサッカーにすごく熱狂的だと感じられた。ジョホールがマレーシアだけでなくアジアのトップチームになる手助けをしたい」

昨シーズンを9位で終えたジョホールだが、リーグ制覇を目指して補強に大金を投じており、「マレーシアのマンチェスター・シティ」とも呼ばれている。

グイサはマジョルカに在籍していた2008年にスペインリーグ得点王となり、その後トルコのフェネルバフチェに移籍。2011年からヘタフェに在籍し、昨季は32試合に出場したが、今季の公式戦では出場がなかった。

スペイン代表としてはEURO2008優勝に貢献するなど、通算21試合に出場して6ゴールを記録している。