韓国プロサッカー連盟、尚州尚武の降格を決定

今シーズンの成績に関係なく降格へ
韓国プロサッカー連盟は11日、尚州尚武フェニックスを来シーズン、ナショナルリーグ(2部)に降格させることを決定した。

尚州尚武は、韓国人選手にとって特別なクラブで、選手たちは2年間の兵役をこなす代わりに、尚州尚武でプレーすることができる。ただ尚州尚武に所属する全選手が軍人ということになり、プロ契約を結ぶことができない。そのため、「プロ契約」を資格要件とするアジアサッカー連盟(AFC)の規約に反している。

尚州尚武が今後もKリーグにとどまっていた場合、KリーグのクラブがAFCチャンピオンズリーグに出場できなくなっていた可能性もあることから、韓国プロサッカー連盟は尚州尚武をKリーグから降格させる決断を下したようだ。

なお突然の降格が発表された尚州尚武は、残りの試合に参加するつもりはないと発表しているとのこと。