日本代表発表、ウズベキスタン戦へ宮市を招集

乾も復帰
日本サッカー協会は25日、29日に愛知・豊田スタジアムで行われるワールドカップ(W杯)・アジア3次予選のウズベキスタン戦に向けて、日本代表23人を発表した。ボルトンFW宮市亮が初選出されている。

24日のアイスランドとの親善試合では国内でプレーする選手だけでチームを構成したが、今回は長友佑都らを海外組を招集した。昨年に海外挑戦に飛び出した乾貴士や、プレミアリーグで戦う若き才能、宮市も選ばれている。

アイスランド戦からは、増田誓志や柏木陽介、得点した藤本淳吾らも引き続き選ばれている。メンバーは以下のとおり。

GK
川島永嗣(リールセ)
山本海人(清水)
西川周作(広島)

DF
駒野友一(磐田)
今野泰幸(G大阪)
栗原勇蔵(横浜FM)
伊野波雅彦(神戸)
長友佑都(インテル)
槙野智章(浦和)
内田篤人(シャルケ)
吉田麻也(VVVフェンロ)

MF
遠藤保仁(G大阪)
中村憲剛(川崎F)
長谷部誠(ヴォルフスブルク)
増田誓志(鹿島)
細貝 萌(アウクスブルク)
柏木陽介(浦和)

FW
藤本淳吾(名古屋)
李 忠成(サウサンプトン)
岡崎慎司(シュトゥットガルト)
ハーフナー・マイク(フィテッセ)
乾 貴士(ボーフム)
宮市 亮(ボルトン)