上海申花オーナー:「ドログバとの交渉は…」

こう着状態と明かす
上海申花のオーナーであるジュー・ジュン氏は、獲得に動いていると見られるチェルシーFWディディエ・ドログバの代理人との交渉について、暗礁に乗り上げていると明らかにしている。

上海申花は、チェルシーからFWニコラ・アネルカを獲得した後、今シーズン限りで同クラブとの契約が満了となるドログバの獲得に動いていると伝えられている。

ジュン氏は、「交渉は行き詰っている。中国の人々をがっかりさせてしまうかもしれない」と語っている。

「彼の代理人は、『5月になれば、ドログバはフリーになる。そのときになれば、多くの多くの魅力的なチームが彼の加入を求めるだろう。だから我々は急いでいない…』と伝えてきた」

ドログバには、MLSのシカゴ・ファイアーも関心を抱いていると伝えられている。

一方中国では、元ブラジル代表MFファビオ・ロッケンバックがメディカルチェックを受けるため中国に到着した。同選手は大連アルビンへの加入が目前となっている。