ミリガン、J2千葉からAリーグへ期限付き移籍

今季終了まで母国でプレー
Aリーグのメルボルン・ビクトリーは、Jリーグ2部(J2)千葉からDFマーク・ミリガンを期限付き移籍で獲得した。

ミリガンは2010年に、中国の上海申花から千葉に加わった。同年はリーグ戦15試合、翌11年は同29試合に出場していた。

ミリガンは加入を伝えるオーストラリアサッカー協会の公式サイトで、「日本のシーズンは終わったばかりだ。だから休みを伸ばすよりも、Aリーグに戻りたかったし、メルボルン・ビクトリーは僕にとって非常に魅力的な選択肢だった」と話している。

「海外でプレーしていると、本当に母国でのサッカーへの興味が高まるものだよ。だから何年か前に移籍をしてから、Aリーグのことは注視してきた。シーズンが終わるまで戻れることに、本当にわくわくしている」

メルボルン・ビクトリーは現在、10チーム中7位につけている。リーグ戦は第25節まで行われ、最終節は3月第4週に行われる。