元AFC年間最優秀選手、韓国からサウジへ

ジェパロフがアル・シャバブに移籍
ウズベキスタンのスターであるセルベル・ジェパロフ(28)は、FCソウルを離れてサウジアラビアのアル・シャバブに3年契約で加入した。

2008年のAFC年間最優秀選手は、225万ユーロの移籍金で中東へ渡った。

アルシャバブは2010-11シーズンのサウジ・プロリーグで4位に終わり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を逃していた。だが、基トゥエンテ監督のミチェル・プルドム氏を指揮官に迎えるなどしていた。

ジェパロフは『the-af.com』に、「あのような高名な監督と仕事ができるのは、興味深いことだ」と話した。

「新しいクラブの情報は、主にインターネットから集めた。アル・シャバブは残念ながら今季のACL出場権を逃したけれど、僕らは来年、真剣にそのトロフィーを争えると思う」

ジェパロフは2010年中頃にFCソウルに加入した。この移籍が、ウズベキスタンの選手の韓国移籍というトレンドをつくり出していた。

ジェパロフは、「僕は韓国のリーグに来た、最初のウズベキスタン人だった。今度はサウジアラビアを開拓したいんだ」と話した。