イ・ヨンピョが韓国代表から引退

「アジアカップが終わったら監督と話そうと決めていた」
韓国代表DFイ・ヨンピョは、代表引退する意向を明らかにした。

代表チームのチョ・グァンレ監督ともすでに話し合ったという。決断はすでになされたようだ。

イ・ヨンピョは「代表チームから引退することを決意した」と『The-AFC.com』に語っている。

「アジアカップの後で、監督と引退について話そうと決めていた。でも今日、引退することを決めたんだ」

かつてトッテナムやドルトムントでもプレーしたレフトバックは、韓国代表として126ものキャップを刻んでいた。