Goal.com50:チアゴ・シウバ(18位)

世界最強DFへの道を歩む
Goal.com50へようこそ! 今回は18位の発表です。

ミランの選手として大きな印象を残した12カ月を経て、2010-11シーズンはチアゴ・シウバにとって自身が世界のトップDFの一人であることを証明した。

このブラジル人のパフォーマンスこそが、ミランのタイトルへの道を築いた。ミランがシーズン後半戦に喫したゴールは、わずかに7つである。
「間違いなく世界最強のCBだ。昨季も素晴らしいものを披露してくれたが、今季はさらに成長した。いまだ成熟の途上にあり、すべての試合でモンスターであることを見せている」
― マッシミリアーノ・アッレグリ

準々決勝で終了した南アフリカでの冒険では、セレソンで居場所を確保できなかったが、ミランに戻ると昨夏の開幕戦ではグラウンドを駆け回り、チーム2点目を挙げてレッチェ相手の4-0の勝利に貢献した。
シーズン最高の瞬間

セリエA:
ミラン 3-0 インテル
タイトルへと向かう途上で、このブラジル人の守備面での支配力が輝いた。ダービー勝利を下支えして、ミランは栄光への歩みを続けた

続く試合ではチェゼーナに0-2と足をすくわれたが、シウバはその後、3月にパレルモに敗れるまで、黒星を喫することがなかった。

だがそれも、シウバが違うレベルに到達しようという数ある動きの一端に過ぎなかった。アレッサンドロ・ネスタが疲労の様子を見せ始め、その他のパートナー候補であるダニエレ・ボネーラとマリオ・ジェペスが彼のクオリティーにはマッチできないことがはっきりしたことで、彼は2人分の仕事を担い始めた。その素晴らしい予測のセンスと、超人的な加速力、卓越したポジショニングと素晴らしい試合を読む目で、常に守備陣のギャップを埋め続けた。

右利きながらも左CBとしてシーズンのほとんどの時間を過ごし、ごくわずかなDFしか持っていない、どちらのサイドでも自在にこなすという能力を見せ付けた。ネスタ不在でジェペスとコンビを組んだときだけ本来の場所でプレーしたが、それにもかかわらず彼が対戦したFWに振り回された場面は、片手で数えられるほどしかなかった。

上体の強さは生まれ持ったもので、その強烈なまでの空中戦の強さと、チャレンジを恐れないスピリットにより、彼は10-11シーズンに、完璧に近いDFとなった。マッシミリアーノ・アッレグリ監督はこの背番号33のクオリティーについて問われると、彼の最上級の能力について語った。コッパ・イタリアでパレルモと引き分けた後、「彼はほとんど、自分だけで守備をしていた」と話した。続けて、こう称賛した。「間違いなく世界最強のCBだ。昨季も素晴らしいものを披露してくれたが、今季はさらに成長した。いまだ成熟の途上にあり、すべての試合でモンスターであることを見せている」。

素晴らしいシーズン前半戦を追え、後半戦にはさらにこのブラジル人の能力が前面に出た。CLでのトッテナム戦で露呈されたように、ミランはDFが足りなくなることがあったが、彼がいるおかげでミランは無失点試合や勝利を手に入れてきたのである。これはまさに驚きだった。
"その素晴らしい予測のセンスと、超人的な加速力、卓越したポジショニングと素晴らしい試合を読む目で、常に守備陣のギャップを埋め続けた"

ナポリ、ユヴェントスとの対戦でも存在感が際立ったが、特にインテルとのダービーでは絶大な影響力を及ぼした。ローマ戦でもクリーンシートを保ち、タイトルを確保すると、シウバは目をコパ・アメリカに向けた。この大会ではブラジル代表の準々決勝進出に貢献した。

個人的には信じられないような素晴らしいシーズンを過ごしてしまうと、あとは下り坂しか待っていないようにも思える。だが彼は、世界最高のDFという名声を追い求め、どん欲に成長のために汗をかき続けることだろう。

Following the 2-0 defeat at Cesena in the next game, the centre-back would go on to rack up the phenomenal record of only taking part in one more defeat (away to Palermo in March) and also only a single multiple-goal concession (the 4-4 draw with Udinese in January) in the remainder of the league campaign.

But it was in more than just numbers that the former Fluminense man was starting to move on to another level. With Alessandro Nesta beside him beginning to show signs of weariness, and other partners such as Daniele Bonera and Mario Yepes unable to match his quality, he could regularly be found doing the work of two men. His magnificent sense of anticipation, superb acceleration and fantastic reading of the game regularly helped to plug gaps in either defensive flank.

Playing the majority of the season as the left-sided centre-half despite being right footed, he constantly showed an ability few other defenders have in his comfort in defending to either side. The number of occasions he was turned by an opposition forward could be counted on one finger, despite only playing in his natural channel when partnered by Yepes in the absence of Nesta.

This, allied to his natural upper-body strength, excellent aerial ability and thirst for a challenge, made him a near-complete defender in 2010-11, with his coach Massimiliano Allegri referring to him exclusively in superlatives when asked about his No.33’s qualities. “He defended almost by himself,” said Allegri after a Coppa Italia draw with Palermo. “He is arguably the strongest centre-back in the world. Last season he demonstrated great things, but this season he has improved, is still maturing, and is showing in every game that he’s practically a monster.”

After an excellent andata, it was in the run-in that the Brazilian’s ability most came to the fore. With the Rossoneri short of numbers defensively at times, which would prove costly in the narrow defeat to Tottenham in the Champions League, the ease with which he carried his side on to clean sheets and victories domestically was amazing to watch.

In the vital wins over Napoli, Juventus and Inter in the run-in, Thiago Silva was simply irrepressible. In the derby in particular, he was the biggest reason why the Nerazzurri were held out during the long periods in which they pushed for an equaliser after Alexandre Pato’s early opener, keeping Giampaolo Pazzini’s contribution to a minimum.

With Milan having clinched the title against Roma with another clean sheet, the 18th in 33 games with the Brazilian present, the defender’s attention turned to the Copa America. There he was a part of the side which reached the quarter-finals before falling on penalties against Paraguay, Thiago Silva’s effort being saved as Brazil missed all four spot-kicks.

After an incredible season such as his, it would be tempting to say the only way is down. But somehow, the defender could yet perform even better in his relentless rise towards the ranking of the world’s greatest defender.