混乱アルゼンチン、五輪代表18名を発表 コレア&ビエットにシメオネ息子も

マルティーノ辞任でチームはオラルティコエチェア監督に委ねられる

アルゼンチンサッカー協会(AFA)が6日、リオデジャネイロ・オリンピックの代表メンバー18名を発表した。アルゼンチンは選手が集まらず、大会出場が危ぶまれていた。

A代表を率いていたヘラルド・マルティーノ前監督が辞任したことで、同監督が兼任していたオリンピック代表指揮官も不在となったアルゼンチンだが、協会はU-20を率いていたフリオ・オラルティコエチェア監督にオリンピック代表チームを委ねた。

アルゼンチンは所属クラブとの調整が捗らず、35名の予備招集メンバーから大会に向けた18名を呼び寄せることができず。ユヴェントスFWパウロ・ディバラやインテルFWマウロ・イカルディらを筆頭に、多くの選手たちを招集できず、オリンピック委員会長が「出場の可能性は50%」と述べるなど混乱の極みにあった。

だが6日、AFAは18名の招集メンバーを発表した。アトレティコ・マドリーのFWアンヘル・コレアやFWルシアーノ・ビエットに期待が寄せられている。また、アトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督の息子であるジョバンニ・シメオネも招集された。

アルゼンチンはリオデジャネイロ・オリンピックのグループDでポルトガル、ホンジュラス、アルジェリアと対戦する。

招集メンバーは以下のとおり。

GK
ルジ(レアル・ソシエダ)
ウェルネル(アトレティコ・ラファエラ)

DF
ホセ・ルイス・ゴメス(ラヌース)
マガジャン(ボカ・ジュニオルス)
クエスタ(インデペンディエンテ)
ジャネッティ(ベレス・サルスフィエルド)
ソト(バンフィエルド)
ベガ(リーベル・プレート)

MF
マウリシオ・マルティネス(ウニオン)
アスカシバル(エストゥディアンテス)
ロメロ(クルゼイロ)
ロ・チェルソ(ロサリオ・セントラル)
ランシーニ(ウェスト・ハム)

FW
アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー)
ホアキン・コレア(サンプドリア)
エスピノサ(ウラカン)
ビエット(アトレティコ・マドリー)
ジョバンニ・シメオネ(リーベル・プレート)