不調のディ・マリアもメンバー入り アルゼンチン代表発表

アルゼンチン代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が、3月に行われる国際親善試合に向けた招集メンバーを発表した。まずはアルゼンチン国外でプレーする選手が決定している。

マルティーノ監督は、マンチェスター・ユナイテッドで苦しんでいるディ・マリアを引き続き招集した。バルセロナFWメッシはもちろん招集され、ユヴェントスのテベスも引き続き呼ばれている。

アルゼンチン代表は、ここに後日発表される国内クラブ所属選手を加え、3月末にエルサルバドル、エクアドルと対戦する。

招集メンバーは以下のとおり。

GK
グスマン(ティグレス)
ロメオ(サンプドリア)
ヘロニモ・ルジ(レアル・ソシエダ)

DF
ガライ(ゼニト)
サバレタ(マンチェスター・シティ)
ロホ(マンチェスター・ユナイテッド)
ロンカリア(ジェノア)
ムサッチオ(ビジャレアル)
オルバン(バレンシア)
オタメンディ(バレンシア)

MF
パストーレ(PSG)
ディ・マリア(マンチェスター・ユナイテッド)
ビリア(ラツィオ)
ペレイラ(ユヴェントス)
バネガ(セビージャ)
ペレス(バレンシア)
マスチェラーノ(バルセロナ)

FW
ラベッシ(パリ・サンジェルマン)
アグエロ(マンチェスター・シティ)
イグアイン(ナポリ)
テベス(ユヴェントス)
メッシ(バルセロナ)