マラドーナ:「メッシはファンタスティック」

愛弟子を改めて称賛
アル・ワスルの新監督に就任するディエゴ・マラドーナ氏が、28日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグ決勝で、決勝ゴールを含む活躍でチームを優勝に導いたバルセロナFWリオネル・メッシを改めて称賛している。

バルセロナのペップ・グアルディオラ監督、ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督と、両指揮官が賛辞を送ったメッシについては、母国アルゼンチンの『オレ』も、「マラドーナ以上だ」と手放しで絶賛している。

南アフリカ・ワールドカップ(W杯)でメッシを指揮したマラドーナ氏は、次のようにバルセロナとメッシを称えた。

「バルセロナは有利と言われる中でスタートし、その予想を裏付けた。ピッチのすべてのセクションで、バルサはずっとユナイテッドを上回っていたよ。彼らにはメッシやシャビといった名手たちがいた。彼ら2人はサッカーの権威だ」

「メッシがファンタスティックな選手だと私が言っても、誰も驚きはしないだろう。彼のことはとてもうれしく思っているよ。W杯で敗退したとき、最初に私の部屋に来てくれたのも彼だったしね。素晴らしい青年だ。同時代の人たちに愛されている。あとは代表でもうまくやらなければいけないというだけだ」