バティスタ:「メッシは歴史上最高の選手になる」

C・ロナウドにも賛辞を送るが、メッシは別格
アルゼンチン代表は9日、国際親善試合でポルトガル代表と対戦する。バルセロナのアルゼンチン代表リオネル・メッシと、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの激突が注目される大一番だ。

アルゼンチン代表のセルヒオ・バティスタ監督は前日会見で、メッシを指揮できることは「特権だ」と称賛。C・ロナウドへも賛辞を送った上で、メッシはサッカー史上最高の選手になるだろうと語った。

「クリスティアーノは素晴らしいよね。だが、メッシは別の惑星から来ているんだ。彼を十分に形容できる言葉は、私にはないよ。彼のレベルを言い表せる形容詞はないんだ」

「彼を指揮できるのは喜びだし、特権であることも分かっている。多くの監督たちが、私と(ジョゼップ・)グアルディオラ監督を妬んでいるはずだ。リオネルのような選手は、本当に稀にしか出てこない」

バティスタ監督はC・ロナウドも“クラック”であり、「とんでもないドリブルの才能と、非常にハードにボールをとらえる能力、スピードと強さがある」選手だと強調。だがその上で、次のように続けた。

「私は、ワールドカップに優勝しようがしまいが、彼(メッシ)が歴史上最も偉大な選手になると思っているよ」