セレソンデビューを喜ぶフェルナンデス

「監督を満足させられたことを願っている」
ブラジル代表は14日、国際親善試合で日本代表と対戦し、4-0と大勝した。DFマリオ・フェルナンデスはデビュー戦での勝利に満足しているようだ。

エースのFWネイマールが前後半に2ゴールずつを挙げ、アギーレ・ジャパンを粉砕したブラジル。9月のコロンビア戦、エクアドル戦、先日のアルゼンチン戦に続き、セレソンはこれで4試合連続クリーンシートでの勝利だ。

フェルナンデスは試合後、次のように話している。

「前半は少しハードだった。日本は本当に強くマークしてきたからね。でも、後半は本当にうまくいって、追加点を奪うことができた。特に僕はデビュー戦だったから、落ち着いてゆっくり入りたかった。ドゥンガ監督を満足させられたことを願っているよ」