ニュース ライブスコア

FKの名手ジュニーニョが引退を決断

バスコ・ダ・ガマに所属する元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ(39)が現役引退を決断した。ロベルト・ディナミチ会長が明かしている。

バスコ・ダ・ガマ会長は報道陣に対し、「ジュニーニョ・ペルナンブカーノの決断を公式にしたい。彼はキャリアを終えることを決めた。月曜日、ジュニーニョはバスコのアスリートとして別れを言う」と語った。

アジウソン監督は「短い期間だったが、ジュニーニョと働くことができたのは特別なことだった。彼はバスコで美しい物語をつくった、彼はずっと記憶に残るだろう」と述べている。

フリーキックの名手として知られるジュニーニョは、2001年から2009年にかけて所属したリヨンで、クラブの黄金期をつくるなど活躍。2006年のワールドカップでは、日本戦で強烈なミドルシュートを決めた。