R・カルロス:「あと4年はプレーを続ける」

現役引退の意向はなし
ブラジル『グローボ・エスポルチ』が報じたところによると、現在コリンチャンスでプレーする元ブラジル代表DFロベルト・カルロスが、クラブの公式ウェブサイトでファンと交流した。

現在37才になったR・カルロスだが、ファンにまだまだ現役を続ける意向を明かしている。

「あと4年は続ける。フットボールをやめる瞬間までにもっとタイトルを獲得したいね」

「ここではすべてが異なる。レアル・マドリーやインテルなどのレベルの高いクラブでプレーしてきた。でもコリンチャンスは、同じようによく組織されているクラブだ。コリンチャンスにあるような種類の基盤を、ヨーロッパのクラブで見つけるのは難しい。コリンチャンスは、世界で最も大きい4つのクラブの一つだ」