ルーニー:「イングランドと対戦したいチームはない」

自信を持ってイタリア戦へ
イングランド代表は19日、EURO2012グループD最終節でウクライナと対戦し、1-0で勝利を収めた。決勝点を挙げたFWウェイン・ルーニーは、まだ勝ち進めると自信を持っている。

イングランドはウクライナ戦で苦しんだものの、勝ち点3を獲得した。同時刻開催の試合でフランスがスウェーデンに敗れたため、イングランドはグループ首位で準々決勝に進んでいる。

2試合の出場停止が明けて、ようやくEUROに出場することができたルーニーは、イギリス『ITV』で次のようにコメントした。

「僕たちは、自分たちのクオリティーを知っていると思う。団結しているし、すごくハードに頑張っている。戦術練習もたくさんしているし、僕たちを倒すのはすごく難しいはずだ。僕たちと戦いたいチームがいるとは思わないね。僕たちからゴールを奪うのはとても大変だ。それに、僕たちにはゴールを決められる選手がいる。今は体を休めて、またフレッシュな状態にならないとね」

グループ首位になったことで、準々決勝でスペインとあたることは避けられた。

「それは大事なことじゃない。グループを突破したことが一番だ。そして、トップになったことは僕たちにとって大きなことだね。次の相手はイタリアだ。すごく難しい試合になると思う。でも、僕たちは自信を持っているよ」

イングランドは24日、準々決勝でイタリアと対戦する。