ビジャ:「45ゴール目も心配はしていない」

代表得点記録に並んだスペイン代表FW
スペイン代表FWダビド・ビジャは、12日のEURO2012予選、アウェーでのスコットランド戦(3-2)のゴールによって代表通算得点を44ゴールとし、FWラウール・ゴンサレスと並んで最多得点記録保持者となった。44ゴール目をなかなか決められずに焦っているとの報道もあった同選手だが、いつか決められることは分かっていたと話している。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。

「僕のゴールがチームの勝利を助けたことに満足している。(44ゴール目を)確実に決められることは分かっていた。45ゴール目を決めることについても、何も心配していない。これから、45ゴール以上を記録できると分かっているからね」

試合については、2点のリードを得たことによってチームが少し油断したとコメントした。

「僕たちは少し油断した。スコットランドにはポテンシャルがある選手たちがいて、同点とすることを許してしまった。だけどフェルナンド(・ジョレンテ)のゴールで、もう一度勝ち越すことができたね」