オボドの解放を確認

無事、救出に成功
母国ナイジェリアで誘拐されていたレッチェMFクリスティアン・オボドが、誘拐されてから24時間後に救出されていたことが確認された。

土曜日にナイジェリアのワリでオボドを誘拐していた犯行グループは、15万ユーロの身代金を要求していたと伝えられていた。しかし10日、当局はデルタ州のイソコでオボドの救出に成功したようだ。

デルタ州のスポークスマンは、『KickOffNigeria.com』に「彼は救出され、警察が彼とワリに向かっています」と明らかにし、「彼はイソコで発見されました」と説明している。