ニュース ライブスコア

最もセービングが上手かったGKは?小島伸幸が選ぶマニアックスキルアワード2016/Goal25

国内外の日本人選手の個人スキルにフォーカスし、ランク付けを行う『Goal25マニアックスキルアワード』。「2016年最もセービングが上手かったGK」について、元日本代表GK小島伸幸氏にセレクトしてもらった。

「セービング」とはシュートを防ぐプレー全般のことだが、漠然としたイメージとして「反応の速さ」と同じような意味に捉えられがちだ。しかし、小島氏は豊富な経験からそうした見方を、「プロのトップレベルまで達したGKならば、反応なんて大差はない。シュートに届く範囲が1mも2mも変わる反応速度なんてあり得ない」と一蹴する。

では、小島氏がこだわるセービングの強さ・上手さとは何か。ロベルト・カルロスなど世界的シューターとも対峙してきた元日本代表守護神は、分かりやすい指標として「手で触ったボールを、こぼれ球としてやられるかやられていないかというところ」を上げる。「触ってても(こぼれ球を)入れられちゃうGKというのは、弾くところを間違えているか、その技術のない選手。人のいないところに出すのが最低限の仕事。触ったボールの角度を適切に変える技術や指先の強さに、GKの実力は出る」と言う。

そんな基準で選んだのが、以下の3名だ。

■3位 中村航輔(柏)

「リバウンドでやられているイメージのない選手。若いのにソツがない。何気なくしっかりとしたプレーをできている。サイズがそんなにあるタイプではないけれど、物凄いセービングを見せることもあって、将来の可能性を感じさせる。全体にはまだまだのところもあるけれど、ちょっと期待したいなというところも含めての選出」(小島氏)

■2位 林彰洋(鳥栖)

「194cmと、まずサイズ感が違うので、対面したFWはそれだけで難しくなると思う。そしてなおかつ、これがすごく重要なのだけれど、日本人にありがちな『デカいと、のろい』ところが感じられない。左右の偏りが少しあってそこは弱みとしてありそうだけれど、届いているところを確実に処理できる割合いは非常に高い」(小島氏)

■1位 西川周作(浦和)

「シャープな反応をベースとして持っていて、何より安定感のある選手。後ろからプレーを観ていても安心できるというか、そういう存在感を持った選手。止めるだけがGKじゃないけれど、根本的には点を決められないのが良いGK。どんな技術が必要で、その選択を間違わないで実行できる人がいい選手なのだけれど、西川にはそれがある」(小島氏)

サッカーにおいて非常に特殊なポジションであるGKの重要性は言うまでもないが、小島氏がファンに注目してほしいと考えているのは、「手に当てるかどうか」だけでなく、「当てた上で、そのボールがどうなったか」ということ。「手に当てながら入れられてしまうシーンの多いGKは、上のレベルでは厳しい」とも言う。

「ボールの勢いをあえて殺さないで角度だけ変えるテクニックを持っているのが一流のGK。微妙に外へ出る角度にちょっとだけズラす。まともに当てちゃうと、相手のFWに詰められてしまうので、そこまで意識してプレーする。たとえ余裕がないような状況でも、上手いGKは必ずそこを考えて弾く」(小島氏)

Jリーグで言うと、日本人選手以外の活躍も目立つとして、特に韓国代表経験も豊富なチョン・ソンリョン(川崎F)の名前を挙げた。「彼の加入によって、川崎Fはグッと順位を二つ、三つ上げることになったくらいの効果があった」(小島氏)。また、ポーランド人のカミンスキー(磐田)についても、「セービングについては本当に非凡」と高評価だった。

サッカーはシュートを打って、それが決まるかどうかで勝敗が分かれるシンプルなスポーツ。シュートを止めるというプレーの奥が深くないはずもない。「失点しないGKが良いGK」という考え方から、サッカーの試合を観るときに「GKによって弾かれたボールのその後」まで注目してみるのも面白いだろう。

話し手=小島伸幸 / 構成=川端暁彦

■Goal25マニアックスキルアワード2016/話し手(選定者)

最も対峙したら怖かった日本人選手は?/名良橋晃
最もオーバーラップが上手い日本人選手は?/名良橋晃
最もヘディングが上手かった日本人選手は?/秋田豊
最もグリーティングが上手かった日本人選手は?/秋田豊
最もセービングが上手かったGKは?/小島伸幸 
最もクロスボール対応が上手かったGKは?/小島伸幸 
最もドリブルが上手かった日本人選手は?/玉乃淳
最もパスが上手かった日本人選手は?/玉乃淳 

サッカーのライブ&オンデマンドはDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。