最もヘディングが上手かった日本人選手は?秋田豊が選ぶマニアックスキルアワード2016/Goal25

日本人選手の「マニアックなスキル」にフォーカスするGoal25マニアックスキルアワード。今回は、解説者の秋田豊氏が、2016年で最も「ヘディングが上手かった」上位3名を選出してくれた。

国内外の日本人選手の個人スキルにフォーカスし、ランク付けを行う『Goal25マニアックスキルアワード』。

「2016年最もヘディングが上手かった選手」は、決して体格的には飛び抜けていないものの、突き抜けたヘディングの強さを誇った元日本代表DF秋田豊氏にセレクトしてもらった。

現役時代から空中戦の技術に徹底したこだわりを持ち、その研究を怠らなかった名DFが選んだのは以下の3人である。一口にヘディングと言っても、クリアのヘディングもあれば、シュートのヘディングもあるのだが、今回の基準は「総合力」(秋田氏)である。

そんな基準から選ばれたのは、以下の3名だ。

3位:DF植田直通(鹿島)

「まず何と言っても、非常に背が高くて身体能力のベースが高いですね。日本人の場合は大きいと跳べない選手が多いのだけれど、彼は跳べる。ただ、3位になってしまったのは、点を取ることができていないからです。コーディネーション能力が足りないし、相手を外す技術も不足しています。結果、キッカーの信頼感を得られていないので、そこはこれからの課題でしょう」(秋田氏)

2位:FW豊田陽平(鳥栖)

「“利き頭”と言っても過言ではないくらいに空中戦の強さを絶対的な特長としています。頭で落とすこともできるし、シュートもできる。名古屋時代にも一緒にやっていたが、ヘディングのツボを知っているなと思っていました。あれだけ安定して毎年ゴールを奪えるのもヘディングの力。セットプレーの守備も強い。若い頃はCBに転向させようという話もあったくらいです」(秋田氏)

1位:DF菊地光将(大宮)

「類いまれな身体能力があって、特にバネがあるのを特長としている選手ですね。僕も彼くらいのバネがあれば、もっと点を取って活躍していたと思います(笑)。こと高さに関してはクリアにしても、合わせるところも抜きん出た能力がある。セットプレーの得点力もあります。昔は身体能力に頼っている部分もありましたが、最近は駆け引きの部分もすごくできるようになっていて頭一つ抜けているかなと思います」(秋田氏)

以上の3名は秋田氏も一目置くヘディングの名手たちということになる。少し気になるのは中澤佑二(横浜FM)、田中マルクス闘莉王(名古屋 ※退団決定)の重鎮2名が省かれていること。ただ、秋田氏にその点を質してみると「彼らは殿堂入りだから」という意外な返答が返ってきた。

「中澤・闘莉王以降のヘディンガーと言われたとき、どうしても頭に浮かばない現状は正直、ありますよね。実は彼らをランクに入れるかはすごく迷ったところなんです。これが日本の課題でもあります。二人は駆け引きのところもいいし、競り合うタイミングもすごくいい。いろいろな守備の技術を持っている。ただ、いまさら彼らを出してしまったら、失礼かなと思って除外しました」(秋田氏)

日本サッカー史にその名を刻む秋田氏をして「別格」と言わせるレジェンド2名。この二人の名前が逆に浮かばなくなるくらいのヘディンガー登場にも期待したいところだが、「一時期は(ヘディングを軽視する方向に)日本サッカーが行きすぎた面もあったと思うが、少し変わってきている」(秋田氏)という。2017年の日本サッカー界では、身体能力のベースの上に、ヘディングの技術を上乗せするような「名手」が台頭してくることを期待して待ちたい。

話し手=秋田豊 / 構成=川端暁彦

■Goal25マニアックスキルアワード2016/話し手(選定者)

最も対峙したら怖かった日本人選手は?/名良橋晃
最もオーバーラップが上手い日本人選手は?/名良橋晃
最もヘディングが上手かった日本人選手は?/秋田豊
最もグリーティングが上手かった日本人選手は?/秋田豊
最もセービングが上手かったGKは?/小島伸幸 
最もクロスボール対応が上手かったGKは?/小島伸幸 
最もドリブルが上手かった日本人選手は?/玉乃淳
最もパスが上手かった日本人選手は?/玉乃淳 

サッカーのライブ&オンデマンドはDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。