日本は中国、カンボジア、フィリピンと同組…U23アジア選手権予選

AFC U-23選手権中国2018予選の組み合わせ抽選会が行われ、日本は中国、カンボジア、フィリピンと同じグループJとなった。

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、マレーシアのクアラルンプールにて、2018年1月に中国で開催されるAFC U-23選手権の予選組み合わせ抽選会を行った。日本は中国、カンボジア、フィリピンと同じグループJとなる。

各組1位と、2位の中で上位5カ国が出場権を獲得。この中に開催国の中国が含まれる場合は、2位の上位6カ国目が出場権を得る。組み合わせは以下の通り。

西ゾーン
グループA:イラン、オマーン、キルギス(H)、スリランカ
グループB:イラク、サウジアラビア(H)、バーレーン、アフガニスタン
グループC:カタール(H)、シリア、インド、トルクメニスタン
グループD:アラブ首長国連邦(H)、ウズベキスタン、レバノン、ネパール
グループE:ヨルダン、タジキスタン、パレスチナ(H)、バングラデシュ

東ゾーン
グループF:オーストラリア、ミャンマー(H)、シンガポール、ブルネイ
グループG:朝鮮民主主義人民共和国(H)、ラオス、チャイニーズ・タイペイ、香港
グループH:タイ(H)、インドネシア、マレーシア、モンゴル
グループI:韓国、ベトナム(H)、東ティモール、マカオ
グループJ:日本、中国、カンボジア、フィリピン

(H)は予選開催国。日本を含むグループJの予選開催国は未定となっている。

Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。