長友、川島らクラブで出番失う選手の招集理由は?ハリル「日本代表でプレーする意欲がある」

日本サッカー協会(JFA)は3月16日、2018 FIFA ワールドカップ ロシア出場権を懸けたアジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が選考理由を説明した。

日本サッカー協会(JFA)は3月16日、2018 FIFA ワールドカップ ロシア出場権を懸けたアジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。日本代表は23日にアウェーでアラブ首長国連邦(UAE)代表と、28日に埼玉スタジアム2002でタイ代表と対戦する。

■GK
西川周作/浦和レッズ
川島永嗣/メス(フランス)
林彰洋/FC東京

GKの選考についてハリルホジッチ監督は、まず「東口(順昭)を呼べなかったことは悲しい出来事でした」と、東口の負傷離脱に触れた。そして「西川はまだトップコンディションではないと感じています。林は東京に加入してから、いいプレーをしていると思います」と、Jリーグで活躍するキーパー陣を評価。

また、川島については「永嗣とは常にコンタクトを取っています。今はリザーブチームでプレーしています。トレーニングをしっかりと積んでいます。代表でプレーする意欲もあります。だからこのグループに入りました」と、選考理由を説明した。

■DF
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
酒井高徳/ハンブルガーSV(ドイツ)
長友佑都/インテル(イタリア)
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
槙野智章/浦和レッズ
森重真人/FC東京
植田直通/鹿島アントラーズ
昌子源/鹿島アントラーズ

DF陣に大きな変化はなかったが、懸念点として「(長友)佑都のところが少し心配ですね。試合に出ていませんから」インテルで出場機会を失っているSBの存在を挙げた。それでも「彼はプロフェッショナルだと感じています。試合に出なかった時は、別のトレーニングをして補おうとしています。代表でプレーするという強い気持ちも持っています。だから選びました」と、長友に対する信頼感を強調した。

他の守備的な選手についても言及し、選出理由を説明している。

「吉田麻也はたくさんのゲームに出てレベルが上ってきています。森重もパフォーマンスが上がってきています。最近、昌子の試合も見ましたが、満足できる内容でした。 植田はポテンシャルを秘めた選手ですので、合宿に参加するたびに、成長してくれると期待しています」

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。