セビージャ加入正式決定の清武が意気込み語る 「CLで戦いたい」

24日にサイン完了、EL3連覇中の強豪クラブの一員に

日本代表MF清武弘嗣は、24日にセビージャと正式契約を交わした。契約後の第一声で、新天地での戦いに向けた意気込みを語っている。

ハノーファーからの移籍が合意に達していた清武は、24日にセビージャでのメディカルチェックを受け、4年契約にサインを交わしたことが発表された。これで正式にセビージャの一員となる。

『セビージャFC TV』のインタビューに対し、清武が次のように答えたとしてクラブ公式サイトが伝えた。

「すごくうれしいですし、セビージャとの契約を助けてくれた全員に感謝しています。セビージャはとても強いクラブで、ヨーロッパリーグ(EL)3連覇を成し遂げたことはよく知っています。もちろん、前回のリヴァプールとの決勝は観ていました」

「ご覧のとおり僕はあまり背が高くはないですが、それは僕が必要としているものではありません。チャンスを生み出すこと、ハードワークすることなどが僕の持ち味です」

「2年後のワールドカップに日本代表として出場することが僕の目標のひとつですが、まず大事なことはセビージャで足場を固めて、チャンピオンズリーグ(CL)で戦うことだと思います。新しいチームにとって大きな力になれることを目指したいですね」

昨季EL王者であり、コパ・デル・レイでも準優勝となったセビージャには、新シーズン序盤からいきなりのビッグマッチが待ち構えている。UEFAスーパーカップではCL王者のレアル・マドリー、スペイン・スーパーカップではリーガエスパニョーラ王者のバルセロナとの激突が予定される。2強との試合に出場機会を得るため、清武はまずプレシーズン期間中にアピールしたいところだ。