ニュース ライブスコア

長友:「右サイドが生きてくると思う」

日本代表は15日、アウェーでベラルーシ代表との親善試合に臨む。DF長友佑都は試合前日に、この試合に向けてのチームの課題や方向性を語った。

11日のセルビア戦では0-2の敗戦という結果に終わったが、チーム内の雰囲気は決して悪くないようだ。問題点がたびたび指摘される守備だけではなく、攻撃面にも改善が必要になると長友は話している。

「チームの雰囲気も良いですし、コンディションも良いので問題ないです。みんなでかなりミーティングをして話し合って、セルビア戦で出た改善点、これから何をしなければいけないのかを話し合えました。いろいろ共有できたと思います」

「2失点しているので守備のことを言われがちですが、思うような攻撃ができず、自分たちがボールを保持できていないから、カウンターを食らってしまう。まずは自分たちのサッカーをやろう、原点に戻ってやっていこうという話をしました」

チームの連動性を高め、バランスを意識してプレーの質を高めていくことを課題に挙げている。

「特に右サイドが生きてくると思います。バランスを見てやらないといけない。この前は僕らのサイドが相手にマンマークで来られたけど、逆に右からどんどん攻めるとスペースができるし、右にもいい選手がいるから、それを生かしていけばいいと話しました」

「相手が引いて守っているときに、良いコンビや連動性のあるサッカーができなかった。1人だけじゃなくスペースに2人3人と入っていくような、連動した攻撃を見せたいと思います。ワールドカップまで残りわずかですし、負けていてはしょうがないので結果にこだわって、内容にもこだわっていきたいです」