東口、複雑なフル代表デビュー

カズにゴールを献上し…
Jリーグ選抜とのチャリティーマッチで、日本代表デビューを果たしたGK東口順昭。勝利を味わったものの、複雑なデビューとなったようだ。

多くの選手が出場した中で、61番目に3人目のGKとしてピッチに立った。しかし82分、Jリーグ選抜のキングカズこと三浦知良に得点を許した。「結果的に失点して、まだまだだなと思う」と微妙な表情を浮かべた。

失点は悔しいが、“意義ある”失点だったことも確か。

「複雑です。個人的にはダメだけど、客観的に見ると、いい思い出ではないけど…。カズさんは非常に落ち着いていた。非常に取りづらいボールでした」