ニュース ライブスコア

キリンチャレンジカップ2試合の中止を発表

日本サッカー協会は16日、東北地方太平洋沖地震の影響で3月下旬に予定されていたモンテネグロ、ニュージーランドとのキリンチャレンジカップの日本代表戦2試合を中止すると発表した。ただその代わりに、29日に大阪・長居スタジアムでチャリティーマッチを開催することも発表されている。

当初、モンテネグロ戦は25日に静岡のエコパスタジアムで、ニュージーランド戦は29日に東京の国立競技場での開催が予定されていた。東北地方太平洋沖地震の影響を受け、電力事情や交通機関、来場者の安全確保を考慮し中止としたが、余震や交通機関、電力面での影響のない大阪でチャリティーマッチの開催を決定した。

日本サッカー協会はチャリティーマッチ開催にあたって、アルベルト・ザッケローニ監督や多くの日本代表選手から「被災者の方々の手助けとなる事や勇気づけるような事をしたい」という強い希望があったこと、被災地の皆さんの支援と一日も早い復興のために役立てたいなどの想いから、チャリティーマッチ開催に踏み切ることにしたとしている。

なお現在のところ、チャリティーマッチの相手は日本と同じく大地震で甚大な被害を受けたニュージーランドと調整を行っているとのこと。