インテルのサネッティ副会長が東京府中で長友佑都を称賛「取り組む姿勢が素晴らしい」

元インテル主将で現在はクラブ副会長を務めるハビエル・サネッティ氏が府中のインテルアカデミーのオープニングセレモニーに出席し、日本代表のDF長友佑都について称えた。

元インテル主将で現在はクラブ副会長を務めるハビエル・サネッティ氏が11日、府中のインテルアカデミーのオープニングセレモニーに出席し、日本代表のDF長友佑都について称えた。イタリアの複数メディアが伝えている。

サネッティは日本で4校目となる府中のインテルアカデミーで長友について称え、長友を目指す若者が現れることを望んだ。

「ここの(アカデミーの)監督だけでなく、僕やユート・ナガトモも、若者たちにとって模範になりたいと思っている。ユートとはもう長年の付き合いになるが、いつも真摯に取り組む姿勢が素晴らしいプロフェッショナルな選手だ。彼がインテルにいてくれて皆嬉しく思っている。彼を目指し、インテルの一員として誇りを持ってくれる若者たちはきっと沢山いるだろう」

また日本サッカーについては、日本人の真面目な性格が大きな成長につながったと分析している。

「日本サッカーは大きな成長を遂げたが、これからも伸びしろはある。日本人の真摯に取り組む姿勢こそが、驚くべき成果を生んでいる」

セリエAのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。