「長友佑都を先発させるべき」…イタリアのレジェンドSBがユーヴェ戦での起用を勧める

インテルOBのジュゼッペ・ベルゴミ氏が5日に行われるセリエA第23節ユヴェントス対インテル戦で、日本代表のDF長友佑都の先発を推している。イタリアメディアのインタビューで明らかになった。

インテルOBのジュゼッペ・ベルゴミ氏が5日に行われるセリエA第23節ユヴェントス対インテル戦で、日本代表のDF長友佑都の先発を推している。イタリアメディア『TuttoMercatoWeb Radio』のインタビューで明らかになった。

11月からインテルを率いるステファノ・ピオリ監督は、左サイドバックにアルゼンチン人のDFクリスティアン・アンサルディを重用しており、長友は出場機会に恵まれていない。前節のペスカーラ戦(3-0でインテルが勝利)では、アンサルディが出場停止となったため、長友が先発に起用され、ようやく今年初出場を果たした。

1月31日に行われたコッパ・イタリア、ラツィオ戦(2-1でラツィオが勝利)では、先発したアンサルディが低調なパフォーマンスに終始したため、アンサルディの先発起用を疑問視する声が上がり始めている。

生涯インテル一筋を貫き、イタリアサッカー界では最高峰のサイドバックとして名の高いベルゴミ氏もその1人だ。

「サイドバックには(ダニーロ)ダンブロージオ、そして長友を推す。ミランダは性格面がネックかな。トリノでは集中力を切らしてはならないからね」

またベルゴミ氏は、インテルのチャンピオンズリーグ出場権獲得に期待を寄せている。

「負けたとしても可能性はまだある。他の3チームはカップ戦などが残っているがインテルはこの面で有利といえる。最後まで戦いは続くだろう」

セリエAのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。