インテルが好調アタランタからイタリア代表MFをレンタルで獲得…完全移籍には24億円が必要か

インテルが期待の新鋭を獲得。後半戦巻き返しの原動力となるか。

インテルがアタランタからイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニをレンタルで獲得した。クラブ公式サイトで発表している。

アタランタで活躍する22歳のMFはセリエAで通算14試合しかまだ出場していないものの、活躍を認められてイタリア代表に選ばれた経験を持つ、アッズーリの次世代を担う存在だ。

ガリアルディーニは移籍に際して、公式サイトを通じ、以下のようにコメントしている。

「インテルの選手になれて嬉しい。夢が叶ったよ。ステファノ・ピオリと仕事をすることや、新たなチームメイトと会うこと、サンシーロでユニフォームに袖を通すことが待ちきれないよ。ベストを尽くしてクラブに貢献したい」

今回のレンタル移籍には200万ユーロ(約2億円)が費やされ、シーズン終了後の完全移籍にはさらに2000万ユーロ(約24億円)がかかると見られている。

なお、インテルはセリエAで7位、好調アタランタは勝ち点1差でインテルを上回り、6位につけている。

セリエAのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。