長友佑都を語る元インテルMF「ユウトは間違いなく良い選手」「中国人と日本人は違う」

インテルで日本代表のDF長友佑都の同僚だったMFフレディ・グアリン が長友について良い選手であると、中国メディアのインタビューで明かしている。

インテルで日本代表のDF長友佑都の同僚だったMFフレディ・グアリンが長友について良い選手であると、中国メディア『Sina.com』のインタビューで明かしている。

グアリンは2012年1月にポルトからインテルに加入し、今年1月からは、中国スーパーリーグの上海申花でプレーしている。グアリンは移籍先に中国リーグを選択した理由について話した。

「なぜ上海申花?インテルにはもう何年もいたから、そろそろ環境を変えるときかなと思ったんだ」

「そのときに上海からオファーが来て、よく考えた末に移籍を決断した。新たな経験をしてみたかったから、中国を選んだんだ」

同じアジア出身の長友とは、インテルで4年間ともにプレーしていた。

「ユウトは間違いなく良い選手だよ」

「中国人と日本人は全く違うんだけど、この違いを僕はうまく表現できない」

同じアジアとはいえ、何らかの違いをグアリンは感じているようだ。

グアリンは海外選手が加入することで、中国リーグのレベルアップにつながると指摘している。

「リーガ・エスパニョーラのレベルにはないけど、セリエAのレベルに近いかもしれない」

「外国人選手や外国人監督が多く在籍して、このリーグをより魅力的にしているんだと思う。海外から選手が多く加入すると、地元選手もいろんなことを学べるようになる」

最後に、上海での生活については適応に苦労したことを告白している。

「家族と離れて暮らしているので、困難はいろいろあった。だけど、来年はこちらへ来てくれるといいな。そうなれば、ここでの暮らしも良くなると思う」

セリエAのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。