ニュース ライブスコア

ミランの17歳GKドンナルンマの代理人がレアル・マドリーと接触か

ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人であるミーノ・ライオラ氏がレアル・マドリーと接触したと、スペイン誌『Don Balón』が報じた。

現在ミランとドンナルンマの間で、契約延長へ向けた話し合いが行われている最中だが、代理人のライオラ氏が初めて、レアルの関係者と接触をしたという。

わずか16歳でセリエAデビューを果たし、ミランではGKディエゴ・ロペスからポジションを奪い、正GKの座を勝ち取った。イタリア代表にも招集され、GKジャンルイジ・ブッフォンの後継者として期待されている。

将来性のあるGKであるだけに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長の目にも留まったようだ。レアルは正GKであるケイロール・ナバスに満足しておらず、ミランとの契約が2018年に満了するドンナルンマの契約更新に向けた動向を窺っているとされている。

なおドンナルンマには、レアルのほか、ユヴェントスやチェルシー、マンチェスター・シティ、バルセロナなども興味を示している。