ローマに打撃...フロレンツィが前十字じん帯断裂で長期離脱

セリエA第10節サッスオーロ戦で負傷

ローマに、大きな打撃だ。DFアレッサンドロ・フロレンツィが長期離脱を余儀なくされることになった。

ローマは26日に行われたセリエA第10節でサッスオーロと対戦し、3-1と勝利を収めた。フロレンツィはこの試合で85分に負傷交代していた。

ローマは翌日にフロレンツィの精密検査を行った。結果、左ひざの前十字じん帯が断裂していると判明。今後4カ月以上の離脱が見込まれている。