長友のライバル候補、わずか3カ月でインテル退団 トルコ復帰

エルキン、ベジクタシュへのレンタル移籍が決定

インテルは30日、DFジャネル・エルキン(27)がベジクタシュに移籍することを発表した。買い取りオプションつきのレンタル移籍となる。

昨季をもってフェネルバフチェを契約満了で退団したエルキンは、6月にフリートランスファーでインテルに加入した。トルコ代表の左サイドバックは、DF長友佑都とポジションを争うライバルとも言われた。

だが、インテルは8月に入り、ロベルト・マンチーニ前監督が退任。フランク・デ・ブール新監督が就任すると、エルキンは構想外となってしまう。指揮官から戦力外通告されたエルキンは、先日からトルコ復帰が報じられていた。

そして30日、ベジクタシュへのレンタル移籍が発表。エルキンはわずか3カ月弱でインテルを去ることが決まった。