ラツィオの監督人事が急転! ビエルサ「辞任」でS・インザーギがまさかの復帰

2日前に就任が発表されていたビエルサだが…

ラツィオの新監督に就任することが発表されていたマルセロ・ビエルサ氏だが、一転して就任は取り消されることになった。クラブから発表が行われている。

ラツィオはわずか2日前の6日にビエルサ氏の就任決定を発表したばかりだった。8日の声明ではビエルサ氏が「辞任した」と発表し、「先週サインが行われた契約に定められた義務の明白な違反」だとした上で、クラブは正当な権利を主張する権利を有すると述べられている。クラウディオ・ロティート会長はビエルサ氏を相手取り裁判を起こすことになるとみられる。

新シーズンに向けたプレシーズンキャンプでは、シモーネ・インザーギ氏がチームの指揮を執ることもあわせて発表された。

S・インザーギ氏は2015-16シーズン途中に下部組織の監督から昇格し、終盤戦でトップチーム指揮官を務めた。新シーズンに向けてはセリエBサレルニターナの監督に就任することが合意していたが、思わぬ形でラツィオへの復帰を果たすことになる。