ウディネーゼ、コラントゥオーノを解任 デ・カーニオが就任

ウディネーゼは14日、クラブの公式ウェブサイトで、ステファノ・コラントゥオーノ監督(53)を解任し、ルイジ・デ・カーニオ監督(58)を招へいしたことを発表した。

13日のセリエA第29節ローマ戦で1-2とホームで敗れたウディネーゼは、11試合で1勝しか挙げることができず、勝ち点30で16位と低迷している。降格圏とは勝ち点4差と残留争いを強いられているところだ。

これを受け、クラブは監督交代に踏み切った。今季から指揮を執っていたコラントゥオーノ監督を諦め、1999年から2001年までウディネーゼを率いた経験を持つデ・カーニオ監督にチームを委ねている。契約は今季終了まで。

ウディネーゼは20日の次節で7位と好調のサッスオーロと対戦する。