ベルルスコーニの本命はユースの監督? ミラン新監督候補にブロッキが浮上

ミランはシニシャ・ミハイロビッチ監督は、今シーズン限りでクラブを去る可能性が高まっていると言われている。後任が誰になるのかという話題が続いているが、再びユースチームの監督を務めるクリスティアン・ブロッキの名前が挙がった。

以前ミハイロビッチ監督解任の噂が出たときも、ブロッキは後任候補に挙がっていた。ミランの下部組織で育って、現役時代も長くミランでプレーした同氏には、クラブが大きな信頼を寄せている。

イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』の報道として各メディアが伝えたところによると、ブロッキは数週間前にシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長の別荘でディナーをともにした模様とのこと。表向きは下部組織のことについての会談だったが、トップチームの話題もあったと見られる。ベルルスコーニ名誉会長は、ブロッキの攻撃的スタイルに好感を持っているようだ。

そのほかに、ミランはマルチェロ・リッピ氏にも関心を持っている模様。サッスオーロのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督への関心も報じられていたが、ベルルスコーニ名誉会長は誰を選ぶのだろうか。