本田が「再びミラン批判」? 監督は「直接話してみなければ」

日本代表MF本田圭佑の発言が、再びミランに衝撃を与えている。シニシャ・ミハイロビッチ監督は、「直接話してみなければ分からない」と語った。

イタリアメディアは5日、本田の共同通信に対する英語インタビューを使った記事を掲載。「本田が再びクラブを批判した」と、大々的に取り上げた。実際にはニュアンスがやや異なる印象だが、前半戦にも同様のトラブルがあっただけに、10番のクラブ批判は注目を集めている。

ミハイロビッチ監督は同日の会見でこういった報道について問われた。『MilanNews.it』などが、その模様を伝えている。

「私は何も読んでいない。ここでは話さないが、日本では話すこともあるようだ。翻訳上の問題があったりもするし、直接話してみなければ分からないね。直接説明してもらった方が良いだろう」

なお、本田は6日に行われるボローニャ戦の招集メンバーに入った。MFケヴィン=プリンス・ボアテングとポジションを争っていると言われるが、ミハイロビッチ監督は新加入選手の「先発は難しいだろう」と話している。本田の先発はあるのだろうか。