ユーヴェ、イタリアの新星確保へ マンドラゴーラ獲得に近づく

ユヴェントスは将来を見据えた戦略を着実に進めているようだ。『スカイ・スポーツ』などイタリアメディアによると、ペスカーラMFロランド・マンドラゴーラの獲得に迫っているという。

マンドラゴーラはナポリ生まれ、ジェノアの下部組織出身で、すでにセリエAデビューを果たしている。ペスカーラにレンタル移籍している今季、セリエBの舞台で頭角を現し、ビッグクラブの関心を集めている期待の若手だ。18歳ながらU-21イタリア代表にも選出されている。

イタリア期待の新星の獲得については、以前からユヴェントスやパリ・サンジェルマン(PSG)の動きが報じられていた。だが、かつてMFマルコ・ヴェッラッティをPSGに譲ることとなったユヴェントスは、何としてでもマンドラゴーラ争奪戦を制すつもりのようだ。

『スカイ』などによると、ユーヴェはジェノアに500万ユーロを支払い、選手とは5年契約を結ぶ見込みという。マンドラゴーラはシーズン終了までペスカーラでプレーを続け、来季からユーヴェに加わるようだ。