マンチーニに報いたいヨベティッチ、スクデットについては「早すぎる」

FWステファン・ヨベティッチは、インテルで本来の力を発揮したいと望んでいる。そして、ロベルト・マンチーニ監督の信頼に応えたいと意気込みを見せた。

マンチェスター・シティで負傷に苦しめられたヨベティッチは、マンチーニ監督の下で復活を目指すインテルに加入。インテルはセリエA首位で2015年を終えている。イタリアメディアが、ヨベティッチのコメントを伝えた。

「僕らはうまくやっているけど、さらに向上できる。スクデットについて話すのは早すぎるよ。僕らの目標は、チャンピオンズリーグ復帰だ。3月や4月の時点でどうなっているかを見てみよう。僕らがもっとやれるのかどうかね」

「指揮官から信頼されるのは常に重要なことだ。僕は(マンチーニ監督に)感謝するためにピッチで最大限を尽くしたい。シティでの2年では、あまりプレーすることができなかった。だから、自分にできることをみんなに見せたいんだ。これまでのプレーには満足している。もっとゴールを決めたいけどね」

また、ヨベティッチはバルセロナFWリオネル・メッシをたたえている。

「メッシはサッカー史上最高の選手だ。まずは彼がいて、それからほかの選手たちなんだよ。僕にとって、彼はインスピレーションの源だ」

>