長友退場、ヴィエリ氏は誤審との見解 「カジェホンへのファウルは存在しない」

イエローカードの判定は正しかったのか。インテルDF長友佑都がナポリ戦で退場となったことは、大きな議論を呼んだ。元インテルのクリスティアン・ヴィエリ氏は、ダニエレ・オルサト主審のジャッジが間違っていたと断じた。

インテルは11月30日のナポリ戦で、1-2と敵地で敗れて首位から陥落した。ロベルト・マンチーニ監督は試合後、前半に2枚のカードをもらって長友が退場となったことについて、特に1枚目のジャッジが間違えていたと怒りをあらわにしている。

長友は35分、中盤でナポリFWホセ・マリア・カジェホンに後方からチャージを仕掛けて1枚目のカードをもらうと、44分にタッチライン際でMFアランにタックルを仕掛け、2枚目のカードを出されている。

マンチーニ監督は「カジェホンがシミュレーションをした」と主張し、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督は「ベンチの前でしっかり見ていた」と正当なジャッジだったと返した。メディアや元審判たちの間でも意見が分かれている。確かなのは、判断が難しい場面だったということか。

ヴィエリ氏は、長友を退場にすべきではなかったという立場のようだ。イタリアメディアで、イエローカードに値するどころか、ファウルですらなかったと述べている。

「カジェホンに対するファウルは存在しない。イエローカードじゃないよ。あれはなんでもない。ただ主審が非常に大きなミスをしたというだけだ」

また、ヴィエリ氏は古巣インテルとロベルト・マンチーニ監督を高く評価している。

「マンチーニはうまく正しい選手を正しい役割に当てはめた。インテルはとても強い。後半戦は素晴らしいことをやれるだろう。ナポリ、ローマ、ユヴェントスと最後まで争っていくはずだ」

一方で、自身と同じくインテルとミランの両クラブに在籍したFWマリオ・バロテッリに対し、ヴィエリ氏は冷たくこう述べている。

「バロテッリに何を言うか? 何もないね。あいつがすることに興味はないんだ。彼のことは、たいしたことないと思っている」