さらなる成長を目指すマンチーニ 「ナポリ戦は決定的ではない」

インテルはセリエA第14節でナポリと対戦する。ロベルト・マンチーニ監督は、これがシーズンの行方を決めるゲームだとは考えていない。

インテルは第13節まで終了したセリエAで首位と好調だ。ナポリは勝ち点2差で2位につけており、好調チーム同士の一戦となる。

マンチーニ監督は好発進を喜んでいるものの、現状に満足するつもりはない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、インテル指揮官のコメントを伝えた。

「我々には多くの欠陥があり、向上の余地がある。11月末に首位にいられるのは選手たちのためにうれしいことだけれどね」

タイトルレースを占う一戦かという問いには、「我々にとっても向こうにとっても決定的ではない」とコメント。このように続けた。

「すべてが決まるのはもっと先のことだ。4、5チームが僅差の中で争っている。毎節順位が変わっているね」

「後ろからくるチームからもたくさんの勝ち点を獲らなければいけない。それが最終的な違いになる可能性もある」

今シーズンからナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督には、良い印象を持っている。

「彼がやっていることに驚きはない。エンポリ時代から素晴らしい仕事をしていたからね」